Home > 日常 > 水の科学館と共同溝展示館

水の科学館と共同溝展示館

↑ この建物は一体・・・

11月12日(土)に東京ビックサイトの『2011国際ロボット展』に行った帰り道、「東京都 水の科学館」に寄って来ました。無料の施設ですが、正面、天井、左右の壁4面に映し出される『アクアトリップ 水のたびシアター』は一見の価値ありと思います。天井と左右にスクリーンがあることで川の中に飛び込む映像等、臨場感たっぷりで楽しめました。
水の科学館 アクアトリップ 水のたびシアター

その他の展示もその多くが体験型となっており、子供向けに作られているのですが大人も十分楽しめます。
水のたびシアター終了後のクレジット『乃村工藝社』を見て調べてみるとこちらの会社はお台場の実物大ガンダムの基本計画~製作・施工・演出まで携わっていた会社でした。個人的には水の科学館内の木製部分のインテリアや展示を見るだけでも楽しめました。

株式会社乃村工藝社さん
GREEN TOKYOガンダムプロジェクト 実物大ガンダム制作プロジェクト
東京都 水の科学館

そもそも水の科学館に行くつもりは全くなかったのですが、東京テレポート駅に向かう途中気になる建築に出会ってしまい、なんじゃこりゃ~と建物周辺を行ったり来たりして、撮影し終わったら目の前に水の科学館があったので寄ってみるか・・と思って寄ってみたのです・・・

気になった建築は共同溝展示館(K-MUSEUM)という建物でした。

↑ 共同溝展示館(K-MUSEUM) 橋の上から

↑ 橋の上からZoon

wikipediaによる共同溝展示館(K-MUSEUM)の解説はこちらでどうぞ・・・

自分は完全に浦島太郎状態だったのですが、平成9年開館、平成13年4月より休館している建物で、設計は渡辺誠さんでした。渡辺さんによる共同溝展示館(K-MUSEUM)の解説はこちら

共同溝展示館は10年間休館している様ですが、水の科学館がリニューアルして目を輝かせた子供達が沢山集まっていたので、目と鼻の先にあるこの建築の内外を子供達が走り回れる様に解放(再開)してもらうことは出来ないものかなぁ~と強く思った次第です。(本当は私自身が一番、この建築の内外を回廊したいのですが・・)

写真には写っていませんが、建築に付随するFIBER WAVEの動画もあったので、リンクしておきます。

渡辺さんによるFIBER WAVEの解説はこちら


大きな地図で見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://dimmigrant.com/2011/11/15/%e6%b0%b4%e3%81%ae%e7%a7%91%e5%ad%a6%e9%a4%a8%e3%81%a8%e5%85%b1%e5%90%8c%e6%ba%9d%e5%b1%95%e7%a4%ba%e9%a4%a8/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
水の科学館と共同溝展示館 from デジタルイミグラントの伝言ゲーム

Home > 日常 > 水の科学館と共同溝展示館

検索
フィード
メタ情報

Return to page top