Home > 日常 > ミニ・リノセロス(大人の科学ふろく)を作ってみました

ミニ・リノセロス(大人の科学ふろく)を作ってみました

まるで生き物の様に動く物体「アニマリス・リノセロス・トランスポルト」(全長6m、横幅5m、重量3.2t)
その動きを再現したミニチュアモデルが『大人の科学』から発売されていたので、早速組み立てて動かしてみました。

↑ ミニ・リノセロス正面

↑ ミニ・リノセロス右側面

↑ ミニ・リノセロス左側面

↑ ミニ・リノセロス上から

↑ ミニ・リノセロス足の裏側


↑ ミニ・リノセロス斜め上から

上部の透明パーツに風を送ると風車が回転し、その回転を12本の足運動に置き換える事で6匹の蟹がくっついてスローモーションで歩いている様な動きをします。風力だけでどうしてこんな動きが出来るのか不思議でした・・・ 実際に作ってみると同じパーツが少しずつずれて組み合わさって、それらが連動して動く事でこの生き物の様な動きが可能になっている事が良く分かります。

現在は更に進化してプラスチックチューブを使ったより繊細な作りになっている様です。現在形のミニチュアモデルが動く姿は以下の動画より見ることが出来ます。開発者のテオ・ヤンセンさんのスピーチ動画(Subtitles Available in:の横をJapaneaseにすると日本語字幕で見られます)
http://www.ted.com/talks/lang/eng/theo_jansen_creates_new_creatures.html

製作所要時間1時間半程でこのミニチュアモデルは完成します。興味をお持ちになった方は是非この不思議な物体を体験してみてください。
大人の科学マガジン別冊 テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://dimmigrant.com/2011/07/31/mini_rhinoceros/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ミニ・リノセロス(大人の科学ふろく)を作ってみました from デジタルイミグラントの伝言ゲーム

Home > 日常 > ミニ・リノセロス(大人の科学ふろく)を作ってみました

検索
フィード
メタ情報

Return to page top