Home > 日常 > マンホールの蓋

マンホールの蓋

昨夜の帰宅途中、ひとつのマンホールの蓋がミスタードーナツの店明りに照らされて、妙に光り輝いて見えました。普段は目にも留めずにいたマンホールですが、昨日は明りのせいでスポットライトを浴びている様にハッキリ模様が見えたので歩きながら観察してしまいました。
良く見るとそのデザインは文様の様にも見え、少し気になりはじめました。そして今朝の通勤時には意識して他にどんな模様があるのかを見てみました。すると「汚水」と「おすい」では模様が違っていたり、「あめ」の方が「汚水」よりも現代風だったりしてだんだんマンホールの蓋に興味が湧いて来たのです。

今通勤途中に読んでいる本が消しゴム版画家ナンシー関さんの『ナンシー関の顔面手帖』という本である事が少なからず影響していると思うのですが、マンホールの蓋をハンコにしたら、凸部が黒で凹部が白で・・これは黒のバランスがいいな・・などと勝手な妄想が膨らみはじめたので、マンホールの蓋で検索をかけてみました。

地方ごとに一覧表示されていて大変見やすいサイトです。
進め!マンホールの蓋調査隊  http://www.uraken.net/museum/man/index.html

さすがにインクを使って形を写し取るのはNGだと思いますが、フロッタージュなら許されるかも・・と思わせる位その凹凸感と素材感が魅力的に思えて来ました。全国のマンホールフロッタージュとか面白そうです。
※フロッタージュ 表面がで凸凹した物の上に紙を置き、鉛筆等で擦りその表面の凸凹を紙に写し取る方法。

何を今更ですが・・・ナンシー関さんの消しゴム版画は無駄な線など一本も無いと感じるほど、見れば見るほど凄いです。キャラクターの違いによる白黒の配分も絶妙だし、目とか凄いシンプルなのに何故に?こんなに似るかなぁ~と・・・誰を描いているのか分かっている自分でさえ完成した似顔絵を見て「誰、これ?」といった絵しか描けない自分としては、ナンシーさんの消しゴム版画から色々学びたいと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://dimmigrant.com/2011/07/27/%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%93%8b/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
マンホールの蓋 from デジタルイミグラントの伝言ゲーム

Home > 日常 > マンホールの蓋

検索
フィード
メタ情報

Return to page top